2016年10月14日

ゲーム内容としてはステージを1つずつプレイしていくタイプで

複数の動物を状況に合わせてリアルタイムでチェンジしながらクリアを目指します。使用する動物はステージによって決められていて、5匹全員を使用可能なステージもあるようです。全6ワールドが用意されており、1つのワールドは通常のステージが3つ、チャレンジングなステージが2つ、そしてボスステージが1つの計6ステージというのが基本的な構成。平均的な総プレイ時間は15時間程度ですが、後述する実績獲得を目指すと更にプレイ時間が増えていくとのことです。  


Posted by samuraiyama at 13:13 Comments(0)

2016年10月05日

『FFXIV』×『妖怪ウォッチ』コラボサイト公開、各武器やミニオンが登場する映像も

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV』×『妖怪ウォッチ』コラボイベントの特設サイトおよびティザームービーを公開しました。

これは、スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』とレベルファイブの大人気シリーズ『妖怪ウォッチ』のコラボ企画です。『FF XIV』では、妖怪たちのミニオンが登場するほか、13ジョブに対応したオリジナルの妖怪武器や、「ウィスパー」のフライングマウントが実装されます  


Posted by samuraiyama at 12:20 Comments(0)

2016年09月12日

「AbemaTV」800万ダウンロードを突破…配信から5ヶ月で達成

インターネットテレビ局「AbemaTV」は、9月11日時点で累計800万ダウンロードを突破したことを発表しました。

「AbemaTV」は、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で展開するインターネットテレビ局です。2016年4月11日(月)に開局し、ニュースやバラエティなど約30のオリジナルレギュラー生放送番組をはじめ、アニメやドラマなどの約30チャンネルを24時間無料で放送しています。開局から3ヶ月で、アプリのダウンロード数が500万を突破。その後、5ヶ月目となる9月11日時点で800万ダウンロードを突破しました。  


Posted by samuraiyama at 18:24 Comments(0)

2016年08月14日

中世RPG『Mount & Blade: Warband』のPS4/Xbox One版発売日が決定

TaleWorlds Entertainmentは、中世アクションRPG『Mount & Blade: Warband』のPS4/Xbox One版の発売日が、2016年9月16日に決定したことを欧州向けに発表しました。価格は19.99ユーロ/15.99英ポンド。デジタル版はTaleWorlds Entertainmentのセルフパブリッシング、リテール版はKoch Mediaよりリリースされます。



『Mount & Blade: Warband』はもともと2010年にPC向けに発売された作品で、硬派な内容と自由度の高さから人気を博し、現在に至るまで多くのPCゲーマーに愛され続けています。そんな人気の作品がいよいよコンソール向けに登場。新たなファンの獲得が期待できそうです。  


Posted by samuraiyama at 14:08 Comments(0)

2016年07月30日

PS Vita「デモンゲイズ2」OPムービーが公開!

角川ゲームスは、2016年10月13日に発売を予定しているPS Vita用ソフト「デモンゲイズ2」のオープニングムービーおよび挿入歌を公開した。
■オープニングムービー初公開!主題歌「STARLLICA スタリカ」と3曲の挿入歌も公開


四方を海に囲まれた美しい城塞都市アステリアで繰り広げられる革命ロマンを描いた「デモンゲイズ2」のスケールアップした世界や物語を、主題歌「STARLLICA スタリカ」にのせてお贈りするオープニングムービー。
映像の最後には、メモリアル予約特典「BEST SELECTION OF DEMONGAZE MUSIC」のボーナストラックの情報を初公開、主題歌に加えて3曲の挿入歌をご紹介。
ゲーム内で革命の歌姫ヒロイン「プリム」が歌う革命団のテーマソングにして、アステリアの街を生んだこの地に伝わる伝説の歌。美しい歌声にのって革命団はこの国に忍び寄る陰謀に立ち向かっていきます。

■メモリアル予約特典「BEST SELECTION DEMONGAZE MUSIC」BOUNSTRACK 新情報発表&試聴公開



■ファン感謝イベント第一弾「アステリア革命団 決起集会 in AKIBA」開催決定!!

いよいよ発売迫る「デモンゲイズ2」のファン感謝イベント第一弾として、制作陣による最新のゲーム情報の公開や主演声優陣(革命団リーダー/ヒロイン ミュゼ役:斎藤千和、歌姫デモン/センタウル役:長縄まりあ、歌姫デモン/ドラコ役:田村睦心、他今後発表のゲスト)をお招きし、入場無料・先着入場イベントを実施いたします。ゲームのマル秘情報や素敵なプレゼントを盛りたくさんでお贈りする革命団決起集会にぜひご参加を下さい!
完全数量限定「アステリア革命団 決起集会 in AKIBA」プレミアム参加権の抽選申し込みも本日START!!
「デモンゲイズ2」公式Twitter フォロワー様限定のトリプルチャンス!企画「アステリア革命団決起集会 in AKIBA」プレミアム参加権プレゼントキャンペーン
期間中に、「デモンゲイズ2」公式Twitterアカウント(@DemonGaze2)をフォローし、応募用ツイートをリツイートしてくれた方の中から、抽選で25名様に、8月13日に行われる先着入場制のファン感謝イベント「アステリア革命団決起集会 in AKIBA」のプレミアム参加権(イベント会場のプレミアムシートへ優先入場いただけます)をプレゼントいたします。
また、惜しくもプレミアム参加権に当選しなかった方の中から、さらに抽選で、合計8名様にイベント限定グッズをプレゼントいたします。
期間
第1弾:2016年7月29日2016年8月2日23:59まで
※当選連絡予定日2016年8月3日
第2弾:2016年8月3日2016年8月9日23:59まで
※当選連絡予定日2016年8月10日
応募方法
「デモンゲイズ2」公式Twitterアカウント(@DamonGaze2)をフォローしてください。
「デモンゲイズ2」公式Twitterアカウント(@DamonGaze2)をフォローしたアカウントから、該当の応募用ツイートをリツイートしてください。
賞品
チャンス1:キャンペーン第一弾(2016年7月29日?2016年8月2日23:59まで)
「アステリア革命団決起集会 in AKIBA」プレミアム参加権プレゼント15名様
チャンス2:キャンペーン第二弾(2016年8月3日?2016年8月9日23:59まで)
「アステリア革命団決起集会 in AKIBA」プレミアム参加権ご招待10名様
チャンス3:惜しくもプレミアム参加権の当選に漏れてしまった人の中から最後のラストチャンス!
「アステリア革命団決起集会 in AKIBA」イベント参加キャストのサイン入りプレミアム記念色紙1名様
アステリア革命団 団員用プレミアム Tシャツ2名様
アステリア革命団 団員用プレミアムリストバンド5名様
当選連絡
応募していただいた方の中から、抽選により当選者を決定いたします。期間終了後、当選した方へ「デモンゲイズ2」公式Twitterアカウント(@DamonGaze2)よりダイレクトメッセージにて当選連絡を差し上げます。
(当選連絡予定日チャンス1./2016年8月3日・チャンス2./2016年8月10日・チャンス3./2016年8月16日)
当選された方は、指定の期日までに必要事項を返信してください。
※返信がない場合は、当選者の当選権利は無効となり、再抽選を行います。
参加資格
18歳以上であること。
Twitterアカウントを取得していること。
当選発表日を含む期間中、「デモンゲイズ2」公式Twitterアカウント(@DamonGaze2)をフォローしていること。
該当のプレゼント応募用ツイートをリツイートしていること。
※引用リツイートは対象外となります。
注意事項
お一人様につき、キャンペーン第一弾と第二弾のそれぞれ1回ずつにご参加いただくことが可能です。ただし、お一人様につき、第一弾と第二弾あわせて1口の当選までとさせていただきます。
Twitterアカウントを非公開設定にされている場合は、本キャンペーンの対象外となります。
複数アカウントでの応募など、不正行為があると判断した場合は、該当者のすべての応募ならびに当選の権利を無効とすることがあります。
期間中にTwitterを退会されたアカウントは、抽選の対象外となります。
応募に関わるインターネット通信料・接続料などは、すべて応募者様のご負担となります。
当選された賞品の交換、および当選権利の譲渡はできません。
当選発表は、当選者様へのご連絡をもってかえさせていただきます。
イベント参加に関わる交通費、宿泊費などはすべて当選者様のご負担となります。
イベント当日は、当選者様へご本人様確認をさせていただく場合がございます。公的な身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、住基カード、マイナンバーカードなど)を忘れずにお持ちください。
抽選および当選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、予めご了承ください。
本キャンペーンの内容および開催期間は、予告なく変更となる場合がございます。
いよいよ発売迫る「デモンゲイズ2」のファン感謝イベント第一弾として、制作陣による最新のゲーム情報の公開や主演声優陣(革命団リーダー/ヒロイン ミュゼ役:斎藤千和、歌姫デモン/センタウル役:長縄まりあ、歌姫デモン/ドラコ役:田村睦心、他今後発表のゲスト)をお招きし、入場無料・先着入場イベントを実施いたします。ゲームのマル秘情報や素敵なプレゼントを盛りたくさんでお贈りする革命団決起集会にぜひご参加を下さい!  


Posted by samuraiyama at 11:48 Comments(0)

2016年06月05日

ロシア産FPS『Escape From Tarkov』のクローズドαテスト開始日が決定!

FPSゲーマー、特に『S.T.A.L.K.E.R.』ファンからの注目度が高い新作FPS『Escape From Tarkov』ですが、デベロッパーのBattlestate Gamesは本作のクローズドアルファテスト開始日が8月4日に決定したことを発表しました。


過去に公開されたトレイラー

Battlestate Gamesは、アルファテストではプロジェクトの洗練やコンテンツの追加だけでなく、徹底的なバランス調整やゲームメカニクスの詳細な肉付けが必要であるとし、それらを全て解決できるよう、アルファテストが含むべきものの完全に明確なビジョンを形成したと語っています。参加条件に関する詳細は現時点で伝えられていません。


先日公開された28分のプレイ映像

なお、テスト開始まではビデオの公開やストリーム配信によってゲームの新たな特徴を明らかにしていくとのことです。『Escape From Tarkov』はPCを対象に2016年リリース予定。  


Posted by samuraiyama at 12:01 Comments(0)

2016年05月28日

竜王迷宮を脱出してきました―編集部通信(2016年5月28日号)

5月12日から5月18日までの一週間で多く読まれた記事や主なニュース、Gamer編集部での出来事などをお届けします。「ドラゴンクエスト」30周年、おめでとうございます!

リネージュ RMT

上位3つの記事を、今週発売となったタイトルが占めました。実はこれ、なかなかあることではないので順番に紹介していきます。
1位に輝いたのは、PS4/PS3版「ギルティギア イグザード レベレーター」の発売に合わせた、石渡太輔氏へのインタビュー記事です。タイトルの話題を中心にはしているものの、「ギルティギア」シリーズ、そして格闘ゲームのことも含めて多彩な記事になっているので、読み応えがありますよ。すでにゲームを遊ばれている方もぜひご覧いただければと。
2位の「ドラゴンクエストヒーローズII」ですが、今作で新たに追加されたマルチプレイに関する記事がランクイン。前作をプレイしたユーザーの方々にとっては待望の新要素ということもあり、注目が集まったというところでしょうか。
3位には、こちらもいよいよサービスが開始となった「オーバーウォッチ」より、PS4版の紹介記事が入りました。こちらもOBT時点から話題を集めていましたが、こちらで改めてチェックいただけると、プレイする上での参考になるのではないかと思います。
順位記事タイトル
1位格ゲーで草野球をやってもいいじゃないか―家庭用版「ギルティギア イグザード レベレーター」石渡太輔氏へのインタビューを掲載
2位PS4/PS3/PS Vita「ドラゴンクエストヒーローズII」で導入されるマルチプレイの仕組みを紹介!強敵たちがひしめく「時空の迷宮」に挑もう
3位君、ヒーローの素質あるかもよ?PS4版「オーバーウォッチ」購入前に必見の特集記事
4位PS4「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」発売後一週間で全世界累計実売が270万本を突破
5位Android版「フェアリーエレメンツ」が配信開始―無料でエンディングまで遊べるRPG
6位セガの新作「蒼空のリベラシオン」はジョブのロールプレイが熱い!育成要素やストーリークエストも充実したゲームの魅力を紹介
7位Gamerオープン5周年記念!史上最多289名に豪華賞品が当たる「大プレゼント祭」を実施中!応募は6月1日まで
8位iOS/Android「昭和駄菓子屋物語2」が累計100万ダウンロードを突破―同社タイトルで最短日数を記録
9位PS4「ドラゴンボール ゼノバース2」が2016年に発売!新要素が垣間見える第1弾PVが公開に
10位iOS/Android「パズル&ドラゴンズ」モンスターBOXの最大数が3500に!5月26日のアップデート情報が公開
※毎週木曜日から水曜日までの一週間のアクセスランキングを集計しています。

こんにちは、ばかいぬです。昨日でちょうど「ドラゴンクエスト」が30周年を迎えましたね。
私はドラクエとほぼ同い年なのですが、初めてプレイしたのはVIでした。小学校のころ、みんながこぞってVを遊んでいる中、「次が出たら誕生日に買ってもらおう……!」と思っていたところで発売されたのがVIです。
魅力的なキャラクターと転職システムがとにかくカッコよく、また初めてのドラクエということもあり、夢中になってプレイしました。未だにシリーズの中で一番好きな作品です。
ドラクエが30年も続いているのは、気づくと日常の中にあるゲームだからではないかと思っています。ヘビーゲーマーでなくともプレイしたことがあったり、作品そのものを知っていたり。私も濃ゆいドラクエファンとは名乗れないのですが、気づけばIからIXまで何かしらのハードでプレイしていて、この身近さが長寿の秘訣なのかなと考えたりしています。

我が家の玄関にはこんなマットも
さて、30周年を迎えるにあたって、今年はドラクエにまつわるさまざまな企画が行われています。その中のひとつ、リアル脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」に参加してきました。
総勢16人で参加し、4人パーティ×4で迷宮に挑戦。だんだんと難しくなっていきつつ、がんばればちゃんと進めるのがとてもドラクエらしく、初めて脱出ゲームに参加した私も十二分に楽しめました。キャストも含めて、ドラクエの世界観が丁寧に表現されていたのが印象的です。


現在実施中のGamerオープン5周年大プレゼント祭でも、ドラクエ作品やグッズがラインナップされています。こちらもぜひ覗いてみてくださいね。
Gamerならびに編集部通信へのご意見・ご要望についてはお問い合わせにて引き続き承っていますので、こちらもよろしければどうぞ。
(C)ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.  


Posted by samuraiyama at 18:55 Comments(0)

2016年05月06日

あのマジレンジャーやデカレンジャーたちを自由に組み合わせて戦える!戦隊ヒーロー歓喜のアクション

「超スーパー戦隊ダッシュ」は、歴代のスーパー戦隊ヒーローたちを集めてパーティーを組み、ステージを突破していくアクションゲーム。ニンニンジャー、マジレンジャー、デカレンジャーなど人気のヒーローたちが大勢登場、それぞれ接近戦が得意・遠距離攻撃ができるなど特性があり、そのあたりも考えつつパーティーを組む楽しさがある。ヒーローものではおなじみの巨大ロボをちゃんと使えるのもポイントが高い。マリオでいうスターみたいなポジションなので、爽快感がたまらない。ただ、「子供向けだろ?」とあなどってると痛い目に遭うことだけは伝えておきたい。序盤からそこそこ難易度が高いからおじさんびっくりしたよ。もちろん慣れてくればコツは掴めてくるので、大人でも子供でもヒーロー好きなら楽しめるのは間違いなさそうだ。

カバル RMT

なんといっても一番のポイントは、好きなレンジャー同士を組み合わせてオリジナル戦隊を作成できることだろう。マジレンジャーとニンニンジャー、ゴーカイジャーがひとつの戦隊で戦ったり、赤不在のパーティーなんかもできるので楽しみ方は無限大!極端な話、パーティー全員を青だけで固めるみたいな、昔コント番組であったようなパターンもいけるのだ!いやまあ、ゲームの攻略を優先させるならそんなバランス悪いパーティー間違ってもおすすめしないけど。遊び方のひとつとしてね。さらにヒーローは強化して成長させていくこともできるので、お気に入りのキャラをどんどん強くしていくという育成面での楽しみもある。

最初にも書いたが、このゲームはなかなかシビアに出来ている。敵に一度でも当たるとゲームオーバーな上、強制スクロールなので瞬時に倒すか避けるかを選択しなければならない。さらに落とし穴の要素も加わるので、ジャンプのタイミングなんかも重要になってくる。そんな中プレイヤーの大きな助けとなってくれるのが、ステージ上でゲットできるアイテムの存在だ。バリアをはったり、攻撃を強化してくれたりするので攻略には欠かせない。特にバリアはあるとないとでは大違いだ!  


Posted by samuraiyama at 11:07 Comments(0)

2016年04月23日

『星のドラゴンクエスト』そうび錬金やオートマッチング実装の一報に感動

4月下旬のアップデート内容に驚愕!

皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
4月21日に予定されていた『星のドラゴンクエスト』のニコニコ生放送が中止になりションボリしていましたが、4月下旬に予定されているアップデート内容の一部が公開されました。
その中身を見て驚愕! これは『星ドラ』が生まれ変わるほどの“神アプデ”と感じました!
“神アプデ”と感じたアップデート内容は、以下の4つ。
1、“そうび進化の宝玉”が実装

RO RMT

01-101-2
“そうび進化の宝玉”は、同じ武器、防具がなくても装備を進化させられるアイテム。入手手段は現時点ではまだ謎ですが、これまで以上に装備を進化させやすくなることは確実です!
そうび進化の宝玉は“ぶき進化の宝玉”と“ぼうぐ進化の宝玉”の2種類があり、進化の宝玉1個で、好きな装備を1回進化可能。
装備を進化させられるだけあり入手手段は簡単ではないと思いますが、個人的な予想と希望を言うならば、手持ちの★5装備複数個と引き換えに交換、という形が無難なのかなぁと感じます。
「★5装備を入手したけど、自分が欲しかったものとは違ったので倉庫に眠っている」
こういう状況の人は、とても多いと思います。
もし、上記の入手手段だとすれば、欲しかった★5装備が出なくても、「進化の宝玉と交換できるからいいかな」と、装備が倉庫に眠ったままになる、ということがなくなります。
課金した人は、それだけ進化の宝玉を入手できるチャンスも増えますしね。
もう一度言いますが、入手手段に関しては完全に予想なので、もし違っていたらゴメンナサイ!
2、“そうび錬金”が実装
02
“そうび錬金”は、錬金対象となっている装備と新アイテムの“錬金素材”を消費することで、新たな装備を作成できるシステム。倉庫に眠ったままの装備を新たな装備に錬金して使う、ということが可能になりそうです!
錬金対象となっている装備は、以下の11個。
ゾンビキラー
まがんの杖
カイザーアックス
プラチナウィング
スパイクバイザー
スパイクアーマー上
スパイクアーマー下
インテリハット
インテリローブ上
インテリローブ下
ルーンバックラー
上記のアイテムのいずれかと錬金素材を使うことで新装備が作成できるわけです。
どのような装備が作れるのか、またどのような性能になるかは実装されてみないとわかりませんが、上記の装備が倉庫に眠っている人は、新装備を作るのも楽しそうです! また、錬金対象装備は今後も徐々に増やしていくとのことです!
3、マルチプレイのオートマッチングが実装  


Posted by samuraiyama at 11:29 Comments(0)

2016年04月12日

恋愛ゲーム『イケメン戦国◆時をかける恋』初のキャラソン&ミニドラマ収録CDを6/8発売

杉田智和、鳥海浩輔、武内駿輔がミニドラマを熱演

サイバードは、女性向け恋愛ゲーム『イケメン戦国◆時をかける恋』において、シリーズ初となるキャラクターソング、ミニドラマを収めた『イケメン戦国◆時をかける恋 キャラクターソング&ドラマCD 第一弾』を2016年6月8日に発売することを発表。
これに先駆けて、4月12日より予約受付を開始した。

ツリーオブセイヴァー RMT

01
このドラマCDでは、『イケメン戦国◆時をかける恋』に登場する豊臣秀吉(CV:鳥海浩輔)のキャラクターソングと、ゲームでは描かれていない完全書き下ろしのミニドラマ“春の陣 presented by 信長~御館様の右腕は誰だ~秀吉V.S.光秀”が楽しめるとのこと。
また、アニメイト限定盤には、本アプリのキャラクターデザインを手掛ける山田シロ先生描き下ろしジャケットを使用したマイクロファイバークロスが特典として同封される。
『イケメン戦国◆時をかける恋 キャラクターソング&ドラマCD 第一弾』概要
・発売日
2016年6月8日
・価格
通常盤:2160円[税込]
※ステラワースで購入すると、山田シロ先生描き下ろしジャケット柄“2L版ブロマイド”をプレゼント。詳細はステラワースまで。
アニメイト限定盤:2700円[税込]
※山田シロ先生描き下ろしジャケットを使用した“マイクロファイバークロス”付き
・収録予定内容
1:キャラクターソング“Love Letters”歌:豊臣秀吉
2:キャラクターソング“Love Letters”(instrumental)
3:ミニドラマ“春の陣 presented by 信長~御館様の右腕は誰だ~秀吉V.S.光秀”(出演:織田信長、豊臣秀吉、明智光秀)
4:キャストコメント
・キャスト
豊臣秀吉(CV : 鳥海浩輔)、織田信長(CV : 杉田智和)、明智光秀(CV : 武内駿輔)
※『イケメン戦国◆時をかける恋 キャラクターソング&ドラマCD 第一弾』アニメイト限定版はこちら
■『イケメン戦国◆時をかける恋』とは
“戦国時代”へタイムスリップし、織田信長、伊達政宗、真田幸村など11人の戦国武将との恋を楽しめる恋愛ゲーム。本作は、“イケメンシリーズ”初の豪華声優陣11名によるキャラクターボイスが、ログイン時やミニゲームなどあらゆる場面に実装され、これまで以上にゲームの世界観に深みを与えている。収録ボイス数は1000種類以上となっている。  


Posted by samuraiyama at 20:49 Comments(0)